IN Mizue  瑞江

「この街で、夢を語ろう。」

作者

池松 一隆

この彫刻があるマンション

ベルメゾン瑞江

マンション外観

ベルメゾン瑞江

Map

〒133-0065 東京都江戸川区南篠崎町2丁目9番3号

一之江名主屋敷

一.一之江名主屋敷

一之江名主屋敷は、江戸時代はじめにこの地で新田を開発した田島家の居宅です。 江戸時代を通じて一之江新田の名主(なぬし)をつとめてきました。
現存する主屋は安永年間(1772年から1780年)に再建されたものです。 屋敷全体は、周囲に堀をめぐらし、屋敷林、屋敷畑、庭園をそなえた、中世土豪風の屋敷構えとなっております。

大雲寺

二.大雲寺

大雲寺は元和6年(1620)に天蓮社梵誉上人(岡部石見守信隆の子である信貞と伝える)が 二代将軍秀忠から浅草の森田町(台東区蔵前)に寺地3000坪を拝領して創建された寺院です。
寛文8年(1668)に火災にあい消失したため、本所押上(業平公園の東隣)へ移りました。 その後、大正12年(1923)の関東大震災で再び消失し、大正14年(1925)に現在地に移転を始め、昭和6年(1931)に完了しました。
歌舞伎役者の墓が多いため昔から「役者寺」ともよばれています。

豊田神社

三.豊田神社

創建年代は不詳ですが、もとは当地周辺に神明社があったといわれてます。 明治初年に別当寺の長寿院が廃寺となり、その跡に社殿を建立して豊田神社と改称されました。 天照大御神と経津主命がご祭神です。
この神社は五穀豊穣の神として、近隣の人達に崇められおり、その名残りとして、今でも9月27日には氏子達によって、感謝の祭りが行われています。